施術家として臨床にしていて、いつも思うことは、人間の本来備わった自然治癒力の不思議さ偉大さです。施術家が治したのではなく、ただ、鍼や、手技を使って、きっかけを作り、交通整理をするだけです。治すのは患者さんご自身の心がけと体です。寄り添い治る過程をともに辿ることができること、それがこの仕事の大切なところなのでしょう。そんなことを夏の終わりに思いました。

来週から9月が始まります!また新たな気持ちで、頑張ろう!